うなぎいなり

焼く

香ばしいうなぎとすし飯と、しっかりと味が染み込んだいなりあげの甘みのハーモニーが楽しめます。具材がたっぷり入っているので、定番のいなり寿司よりも食べごたえがあります。育ち盛りのお子さんのお腹もきっと大満足です!※分量は10個分になります。

  • 2人分
  • 時間:30分
  • カロリー:646kcal

/ / / / / / / / / / / /

鹿児島県大隅産うなぎ蒲焼(長焼) 1/2枚
味付いなりあげ 10枚
1個
ご飯 400g
三つ葉 小1束
煎りごま(白) 小さじ1と1/2
紅生姜(千切り) 30g
料理酒 少々
【すし酢】
純米酢 100cc
砂糖 60g
15g
  1. 1.

    鹿児島県大隅産うなぎ蒲焼(長焼)を湯煎で温める。

  2. 2.

    小鍋に卵、水と塩(分量外)を少々入れて弱火にかけて炒り卵を作る。炒り卵は弱火で箸4~5本で火が通るまでかき混ぜ、パラパラに仕上げる。

  3. 3.

    三つ葉は軽く熱湯にくぐらせ、粗みじん切りにする。

  4. 4.

    すし酢の材料を全て混ぜ合わせて溶かし、すし酢を作る。通常よりやや固めに炊いた白米にすし酢をふりかけ、全体になじむようよく混ぜてすし飯を作る。

  5. 5.

    4でできたすし飯に1から3の材料を混ぜ、煎りごま(白)をふり、10等分にして味付いなりあげに詰める。

  6. 6.

    皿に盛り、紅生姜(千切り)を添えて完成。

ポイント/注意点

今回はうなぎを湯煎で温めましたが、お酒と水で軽く煮るとよりふかふかに仕上がります。うなぎは「静岡県産うなぎソフト蒲焼」でも可。

献立作成者:オフィシャル