真だらと香味野菜のバターレモン焼き

12−18カ月
焼く
  • 大人2人分+赤ちゃん1人分

真だら切身〔自然解凍してそれぞれ4等分にそぎ切りし、水気をふき取る〕 4切
(A)新にんじん〔皮を除き5センチメートルの長さに千切り〕 50グラム
(A)新たまねぎ〔皮を除きスライス〕 40グラム
(A)セロリ〔葉を除き5センチメートルの長さに千切り〕 40グラム
(A)レモン〔皮付きのままうすく輪切り〕 1/2個
(A)オリーブ油 大さじ1
バター〔1センチメートル角に切る〕 20グラム
  1. 1.

    ポリ袋に(A)を入れて軽くもみ、真だらを加えて、袋の口を閉じ、冷蔵庫で30分以上浸け込む。

  2. 2.

    (1)をポリ袋から取り出して耐熱容器に入れ、バターを散らして、オーブントースターで全体に火が通るまで10分ほど焼く。表面が焦げてしまう場合は、アルミホイルをかぶせて、中までしっかりと火を通す。

  3. 3.

    赤ちゃん用は(2)から骨、皮を除いた真だらを1枚、レモン以外の具材20グラムを取り分けて小さく刻み、器に盛る。大人用は残りを半量ずつ器に盛り、塩・こしょう(分量外)を振りかけ、味を調える。
    ※大人用はお好みでパセリを散らして。

ポイント/注意点

レモンと一緒に浸けて魚の臭みを消し、バターを加えてコクを出すので、お子さんも食べやすくなります。

献立作成者:料理家・管理栄養士 小山浩子