赤魚とさといもの煮付け

12−18カ月
煮る

シンプルな味付けで離乳食に!

  • 大人2人分+赤ちゃん1人分

赤魚切身 2切(大人用)・1/3切(赤ちゃん用)〔解凍する〕
[A]水 150ml
[A]しょうが 1片〔スライス〕
[A]砂糖 大さじ1
さといも 2個 〔皮をむき、電子レンジで5分加熱する〕
ほうれん草 50g 〔ゆでて5cmの長さに切る〕
[B]酒 大さじ2
[B]しょうゆ 大さじ2
[B]みりん 大さじ1
ゆずの皮 適量
  1. 1.

    鍋にAを合わせ、中火でふつふつとするまでひと煮立ちさせる。皮を上にして赤魚を入れ、中火でさらに5分ほど煮る。

  2. 2.

    1から赤ちゃん用1/3切を取り出し、食べやすいように皮、骨を取り除き、ほぐして器に盛る。

  3. 3.

    1の鍋にB、さといもを入れ落しぶたをして中火で10分煮る。火を止めてほうれん草を加え、15分ほど味がしみこむまで浸す。

  4. 4.

    3を器に盛り、赤魚の上にしょうが、ほうれん草の上にゆずの皮をのせる。

ポイント/注意点

2歳からのキッズも食べられます!!※骨に注意しましょう。
お祝いの席には赤い魚が似合いますね。
離乳食はやさしい味付けが基本です
料理の味付けは、「さ(さとう)、し(しお)、す(酢)、せ(しょうゆ)、そ(みそ)」の順に行うのが基本です。このレシピは砂糖を入れたところで離乳食用に取り分けて、酒やしょうゆは大人用のみに使っているのがポイントです。しょうがは魚の臭みを消してくれるので一緒に入れて煮てくださいね。

献立作成者:料理家・管理栄養士 小山浩子